スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

発行1999/12/01 「流通システム大賞、奨励賞を頂きました」  

<過去ログ>

BCPOS メールマガジン NO.0002

==========■■■  BCPOS メールNEWS ■■■=========1999/12/01
   No.002 発行者:中馬 浩
■ 近況報告

みなさん、こんにちは。ビジコムの中馬です。
BCPOSは「第9回流通システム大賞」奨励賞を頂きました。
それで昨日、授賞式ということで参加し賞状と盾を頂いてきました。
今年の1等賞「通産大臣賞」はセブンイレブン第5次総合情報システムで
セブンイレブンの社長が授賞式に参加しておりました。
さすがの「私もあれが天下のセブンイレブンの社長か」と思い
セブンイレブンが「通産大臣賞」では仕方がないな、と思ってしまいました。
けど、ひそかに「通産大臣賞」を狙っていましたので
BCPOSもいずれは第5次あたりのBCPOSで狙ってみようかな?
なんて思ったりしていました。
とはいえ、私の授賞式の席順からすると末席でしたので、
まだまだ先のことだと思います。
しかしながら、セブンイレブン全店で8000店舗ですので
我々のBCPOSが1万店舗導入できれば可能性もなきにしもあらずです。

ところで、今年の授賞式は、私流に3つに分類されています。

1.チェーン店中心型のシステム作り
2.メーカー中心のシステム作り
3.商店街中心のシステム作り
4.独立系のシステム作り

これらには覇権の方向性に大きな違いがあります。
1.チェーン店中心型のシステム作り、は1つのチェーンがマーケット全体を牛耳
ろうとしている考え、

2.メーカー中心のシステム作り、はメーカーが店舗を取り込みたいと考えている
サプライチェーンの考え、

3.商店街中心のシステム作り、はエリア全体で売上を伸ばしていきたい考え方

4.独立系のシステム作り、は店舗単独または複数のチェーン店がシステム化を進
めていく考え方です。

どれがよいとはいいませんが、世の中ある一定のグループに属さないと生き残っ
ていけない時代になってしまったのでしょうか?。
私としては、金太郎飴のようにどこを切っても同じ顔をしているような店舗ばか
りだとつまらない気がします。

私どものBCPOSは4.の独立系です。
お店が個性を持ってどんどん伸ばして、チェーン展開していけるような世の中に
なればいいなと感じています

■ おかげさま
BCPOSがおかげさまで11月の集計で1000セット超えました。
まだまだ未熟なところもありますが、どんどんよいシステムに改良していきたい
と考えています。

■ ver1.63
1999年12月1日現在のBCPOS最終バージョンは1.63です。
ver1.50以下のバージョンで2000年に対する一部不都合な部分が見つかりまし
た。
そのため古いバージョンで出荷されているユーザー様には、11月末一斉に1.63
バージョンCD-ROMを送付させていただきました。
お手数ですが、新バージョンにバージョンアップしていただきますようよろしく
お願い申し上げます。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。