FC2ブログ

月別アーカイブ

 2010年09月 

山口へ3 

翌朝、長門市湯本温泉の大谷山荘を出発して、
今回の一番の目的である柳井市に向かった。

今回の一番の目的は「ビジコム柳井スタジアム」である。




来年の山口国体の旗がたなびいています。




ここにうちの社員がたくさん来るのは初めてである。
柳井市の関係者の方々もわざわざ来ていただいて、いつもながら感謝。





そうしたら翌日、毎日新聞と山口新聞の山口東部版に訪問の記事が出てました(笑)




そのあと、柳井市役所へ井原市長の表敬訪問に向かった。

うちの社員は、広い市長の部屋に通されて落ち着かない。





お忙しいのに、大勢、普段着で来てしまってごめんなさい。





でも、井原市長はいつもにこやかでダンディーだ。ご結婚も決まったみたいで。。。


そのあと、柳井市の白壁の町並みを見学しました。
柳井市の計らいで、当日はボランタリーのガイドさんを付けて頂いて、
ガイドさん、ピンクのおいでませ国体のシャツが良くお似合いです。





柳井の白壁は、古くよく保存されており、町の人たちが大事にしているのが良くわかる。





昔は、これらの商店が中心になってにぎわっていた様子が良くわかる。










小一時間ばかり、一生懸命柳井の町を案内していただいたボランティアのガイドさんともお別れです。
ありがとうございました。


次は山賊、そして岩国に向かいます。

スポンサーサイト



山口へ2 

秋吉台でしばらく休憩を入れた後、一行は萩へと向かった。
私自身も萩は、小学校の修学旅行以来かもしれない。

萩が数々の武人を放出してきた街でもある。
そういう意味では、松下村塾が行って見たい場所でもあった。



山口、香港の社員旅行から帰ってくれば、
すぐに始めなくてはいけないのが関口私塾である。
そういう意味で、この場所への訪問の意義は大きい。

そこで松下村塾の看板の前で撮った写真がこれである。



参拝ししばらく過ごした後、萩の町並みへ向かった。



萩の町並み、狭い路地、



街中を通さなかったためあまりにみすぼらしい萩駅、
たまに通る車も、人が避けてやっと通っていく。
そんな町並みであっても、残して欲しい町並みである。

バスはその日の宿である長門市湯本温泉に向かった。
湯本温泉は、山口県の中でも高級旅館と称される大谷山荘である。



やはり日本の宿のよさは食事かもしれない。
それほど量が多いわけでもなく、そして一品一品の味付け、
それらを楽しみながら時間をかけて食事をする。
到底、自分では作れない食事が旅館食では味わえる。



風呂も一流といわれるだけ大きくてお湯がよく、雰囲気がいい。
一晩ゆっくりと時間をすごした。

翌朝、食事をして、
今日の目的である柳井市、岩国市に向かう。





柳井の目的はもちろん「ビジコム柳井スタジアム」である。