FC2ブログ

四国から帰ってきて 

金曜日に高松に飛んで、
現地のギャラリストの友人と2日間、夜中まで話し込んできました。

いやー、楽しかった。
どちらかというと、友人の本業の話が中心だが、
彼の世界観は聞いてて実感することも多いし、知らないことも多い。
しかし、その彼にズバズバ言えるのも私の性格で、
そんなところが、私と彼との本音で語り合えるいいとこかもしれない。

彼のビジネスと私のビジネスは
本来ならば、まるでかけ離れているはずなのに、
なぜかいろいろなところで接点が多く、結びつく。
不思議だ。

彼が推薦する女性アーチスト本人の目の前で、
素人の私が作風や売り出し方法や名前まで口出しをして、
彼もアーチストの彼女も笑って話に参加してる。
もし、彼女がビックなアーチストになれば、
その歴史に参加できているようで凄く楽しい。

彼女はそれだけの素質もあるし、バイタリティーもある。
そして素直で作風もすんなりと溶け込めるものがある。
国際アートフェアに出展できる彼の実力と合わし合わせれば、
彼女は当然ビックなアーチストになっていくであろう。
その歴史のスタートに立ち会うことが出来たのだから、
わくわくするのも当然のことだ。

作風や条件面が合えば、
当然当社も彼女の作風をプロモーションとして使いたいし、
そして彼と彼女と私の会社が一緒にビックになっていけば
それは、願ってもないWinWinの関係になれる。

村上隆や奈良美智やロッカクアヤコを超えるような、
アーチスト彼女の大いなる成長に期待したいな。

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://bceo.blog22.fc2.com/tb.php/147-3f082b01