FC2ブログ

片思い解消プロジェクト、 

片思い解消プロジェクト、始まる

「片思い解消プロジェクト」ってだけ書くと、
恋愛かなんかのことに思われてしまうけど、
一応これはビジネスの話。
いつも勝手に私が名付けてしまうんだが・・・・・・・

これはメーカや宣伝関係者から見たら従来には無い宣伝方法である。

正確に言うと、”消費者の片思い解消プロジェクト”、
これを略して「片思いプロジェクト」

一般の消費者が買い物をしてて、
好きな商品や好きなブランドがある。
その商品を頻繁に買ったりしているのに、
商品のメーカーやお店には、その気持ちが届かない。

これが消費者(ユーザ)の片思い、である。

とはいえ今までは、
メーカーは商品をお店に卸してしまうと
誰が自社の商品を買ってくれているのか皆目見当が付かない。
そのため、
いつまでも消費者とメーカーは繋がらないまま、
すれ違いを起こしている。

このすれ違いを解消して、
消費者とメーカーとを引き合わせようと言うのが
このプロジェクトの目的でもある。
そしてプロジェクトは、
この消費者の片思いをなくすことを考えてる。

メーカーは、誰がその商品を買ってるのか把握できて、
消費者は、日々買っていることをメーカーにアピールできて、
それが出来れば、消費者とメーカーの距離が一気に縮じまる。

今までメーカーもいろいろな手段を持って、
この片思いをなくそうと努めてきたことであろう。
しかし、今まではそれを解消する手段が見つからなかった。

多くのメーカーは宣伝することは力を注ぐが、
売った後のフォロー、サービスは非常に弱く、
多くの商品が売りっぱなしになってしまう。

宣伝CMは落下傘部隊のように、
目標も無くただ単に多く、広くばら撒くだけで、
消費者が何を望んでいるのか捕まえられないままである。

多くのCMや宣伝によって、せっかく掴んだファンも、
ファンに対するサービスや対策が何も無ければ、
ほったらかしと見えて逃がしてしまう。
いくらその商品が多くのファンを持っていたとしても、
消費者(ユーザ)は諦めて、別の商品を買う。

消費者はいつも片思いである。
消費者の気持ちは届かないまま、
多くのファンを取り逃がしてしまっている。

また、困ったことに
その商品のファンであればあるほど、
サービスも何も無かったときの落胆は大きく、
あきらめていちど憎悪に走ると、
そのメーカーのすべての商品も二度と買わないといった傾向にまで
走ってしまうユーザーもたくさんいる。

消費者の片思いは、多くのものを望んでいるのではない。
ちょっとしたサービスや、ちょっとした案内、
そして自分がファンであることを知っていただきたいのである。

その対策として具体的には、
食料品や生活雑貨、小物などは、弊社のJANKEN.JPサイトにて行う。
JANKEN.JPは、消費者とメーカーをつなぐことが出来るサイトとである。
消費者は何を買ったかメーカーにアピールでいるし、
メーカーは誰がその商品を買ったのか知ることが出来る。

お互いの気持ちが伝わる環境に置いたとき、
お互いの片思いが解消し、このプロジェクトが成功に終わる。

片思い解消プロジェクトは、まだ始まったばかりである。
まだ具体的なことはかけないが、来月後半には発表したい。
ぜひ、メーカや宣伝に携わる人々にぜひ注目していただきたい。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://bceo.blog22.fc2.com/tb.php/177-4ade00c5