FC2ブログ

新年、決意。 

あけましておめでとうございます。

新しい年を向かえ、また新たな決意を秘めている。
昨年は、あらゆる意味で新しい活動の年になった。
そして今年も、その活動の延長線上に行動すべき年。

社会は混迷を極め、色々と難しい時代に突入している。
今まで私の仕事は、国内の流通だけを見ていけばよかったのに、
近年の仕事は、世界マーケットの変貌に影響するのだとつくづく感じている。

それは、私どもの会社が6000店舗ものお店を抱えるようになったとき、
ちょっとした社会の変貌が、影響をもたらすのだと感じた。

今日本から、多くのお金が引き上げられて、
その影響が顕著に日本の流通マーケットにも現われている。
消費が伸び悩み、需要が減っていく。
サブプライムのような問題も、日本の景気に悪影響を及ぼし、
それは流通マーケットの中にも響いている。

ただ、世の中の変貌は「需要と供給」
水は高い場所から低い場所へ流れていく。
必然性があって資金は移動し、必要な場所へ流れていく。

今日本は、必要性のあった時代から、なくてもいい時代に変化した。
ジャパン、アズ、ナンバーワン、と言われた時代は過去の世界、
工業製品や知的産業は、続々と後からやってきた国々に追いつかれ、
今まで通りの産業では日本は成り立たない世界にきている。

ただ、
色々海外を見ていると、まだ日本も捨てたもんじゃないな、
ってことを感じてきます。
新しい文化が生まれ、新しい時代を先導する力が日本にはある。
それは、アニメやフィギュアやオタク文化だ。

お店のPOSシステムを扱っていると、
そのようなお店のオープンに数多く立会い、
その勢い、その成長性に気づく。
勢いのあるお店には、日本人だけでなく、外国人の訪問も多い。

今からの時代が、難しければ難しいだけ、
その変化に敏感に反応し、移り変わっていく必要がある。

だからこそ、私の会社も、変化に敏感に反応し、
お店の売り上げがなかなか伸びない時代だからこそ、
私どものPOSシステムの効果や価格競争に競い合い、
他社に負けないような戦略をとっていける。

売り上げが上がらなければ、売り上げを上げられるPOSシステムをつくればいい。
お客が集まらなければ、お客を集められるPOSシステムをつくればいい。
システムが高価であれば、安いPOSシステムを供給すればいい。
どこをとっても、今の私どものシステムが負ける要素もなく、
お店に喜ばれるシステムを供給できる自信がある。

今だからこそ、私どものシステムが生きる時代だと、
つくづく感じ取れる。

今年は勝負の年。
皆様どうか、よろしくお願いします。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://bceo.blog22.fc2.com/tb.php/2-8cde6f90