スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

台北から帰国 

先週の上海に続いて、
社員旅行で台北に行ってきました。
今回2グループに別けて、上海と台北、
両方に行って来たことになる(笑)。

私にとっては、上海も台北も
まだ行ったことの無い都市だった・。

上海は国際金融都市、
台北はPCコンピュータの基地、

台北は蒸し暑かった。
着いた日の夜は、小籠包で有名な鼎泰豊(ディンタイフォン)本店、
本店といってもそれほど大きくないお店で、
今回20名ほどの社員も2グループに分かれて食事、
肉汁のたっぷり詰まった小籠包をおいしくいただいた。

そのあと、夜店に繰り出して、庶民的な町並みに触れて、
台北の元気の源を見たような気がした。

翌日は一人で故宮博物院、街中、淡水、101タワーへと移動、
蒸し暑い中、一日で約35000歩、16キロとよく歩いた。
やはり、その町を知るには歩くことだなと実感。

そう言う意味では、
もっと都内も歩いてみないといけないなと感じた。

今回、アジア2都市を短期間で回り、
やっぱりこれからはアジアの時代だとつくづく感じた。
アメリカのような完成しきった都市は発展の余地が少ないが、
アジアはまだまだ延びる余地があり勢いがある、
それらの動向をうまく見極めながら、
ビジネスも考えていかなければいけない時代だ。

もちろん、今私たちが扱っている機材もすべてアジア製、
IBMのPOSは上海製だし、バーコードリーダなどは台北製、
知らないところで徐々にお世話になっている、
もっともっと知っておくことが重要だなと感じた。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://bceo.blog22.fc2.com/tb.php/247-9b9ae42e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。