スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

除幕式・始球式はストライク 




12月4日の朝から、山口県柳井市にて
ビジコム柳井スタジアムの看板の除幕式が行われた。

当初、柳井市からの要請では除幕式のみの要請であったが、
段々と話が膨らみ、
当日、地域の少年野球チームの大会に絡めた話になり、
スピーチ、花束贈呈、少年野球チームへのボールの寄贈、少年からのお礼、
消防音楽隊によるファンファーレ、除幕、と
大掛かりな式典に発展した。

柳井市長、教育委員長、県の野球連盟の会長、
商工会の会長、柳井市のスポーツ関連の会長等々、様々な列席を頂き、
早朝の8時から始まった。



少年野球チームも11チーム、それにまつわる父兄、
報道関係者等々、凄いことになりました。

私のスピーチ、市長のスピーチも、列席の方々の挨拶も終わり、
花束贈呈、ボールの贈呈、


そして少年からのお礼の言葉には少し照れました。






そして除幕、
少し布が引っかかりはしたものの、無事に終わりました。




その後、始球式、
自慢ではないが私は野球は下手で、
ここ数十年ボールなど握ったことが無い。
練習として渡された少年用の軟式ボールは、
こんなに小さいんだとびっくりしました。

少し時間があったので、
球場の係りの人と20球ばかりピッチング練習、
しばらくすると体も温まり、ボールもなじんできた。
2、3球いいピッチングが出来たので練習を終え、
審判の人から呼ばれるのを待った。

初めて立ったマウンドは、小学校のソフトボール以来、
ソフトボールは下投げなので、マウンドで上から投げたことは無い。




なんらかの合図があったと思うが、
思い切ってボールを投げた。




少しだけ弧を描いたボールが、すっぽりと少年キャッチャーのミットに納まった。

「ストライク」

自分でもびっくりするぐらいの出来だ。
少年野球チームの監督は、
「こんなにびしっと決まるボールは、始球式ではめったに無いよ」って、
柳井市長からは、
「やあ、やっぱり本番に強いですねー」って。。。。

私はこのたった一球だけで、
今日ここまで来た甲斐があったと思った。
そして、これからのビジコム柳井スタジアムの運命を感じた。

しばらく、ビジネスも全力でストライク、
やっていけそうだ。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://bceo.blog22.fc2.com/tb.php/260-94aec4f4

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。