スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お店でのfacebookページの効果 

最近になって急激に友達がfacebookをやるようになってきて、
情報交換という意味で非常にfacebookが役に立ってきている。

その中でも特に感じてきたのが、facebookページを通じての宣伝効果である。
facebookページは、つい最近まではファンページと呼ばれていたが、
その名の通り企業やお店などの紹介ページである。


端的に言うが、
お店を経営している人たちは、早めにfacebookページを作るべきである。
たとえば、下記のページを見てほしい。

http://www.facebook.com/pages/cafe-eight/195797147144869?sk=app_205521576149308

facebookページの中で作られたお店の紹介ページである。
写真と文章を程よくちりばめた美しい店舗紹介ページが出来上がっている。

facebookページ自体は、現状無料であり(将来は有償なのかもしれないが)
かつ、何よりもfacebookページが優れていることは、
このページで「いいね」を押すことにより、押した人の友達全部に広がっていくことである。

これを仮にくるなびの紹介ページだとすると、
ページ自体が高額有償で、デザインも面倒で、
そして何よりも、そのお店の紹介ページを検索する仕組みも古臭く、
駅や業種からしか探すことができない。
そして、その店を見つけたとしても、
チェックイン機能もなく、いいねもなく、そのお店を広げていく手段を持たない。

そう考えると、次から次に輪が広がっていくfacebookは、少しウザくはあるが、
すばらしい機能の連続である。
今後のぐるなびや、食べログの将来が危うい気がしている。

ただ、現状のfacebookは、そのお店のfacebookページに至る手段は、
検索か携帯やスマートフォンでのスポット、チェックインが主力なので、
そのエリアにいる人や、そのお店の名前を知っていることが条件となる。

お店にとってみると、その紹介ページをたくさんの方々に見てもらい、
お店に来てもらうことが重要条件でもある。
そのために、GPSの近辺検索だけではなく、住所や駅、電話番号、業種など、
絞込みのできる検索サイトでまず見つけて、facebookページに導くことが重要になる。

そういう意味では、弊社みせめぐは、そのお店に導くため多重検索機能を持ち、
そして一度来てくれたお客様を携帯会員登録させる機能は重要となる。

弊社でも店舗を紹介するページの作りこみは重要だと考えていたが、
お店に二重の店舗紹介ページを作らすのではなく、
facebookページを主体に作らせてそれに繋ぐことが需要であると考えられる。

お店に余計な負担をさせないこと、
これが私たちのシステム提案をする上で重要なテーマである。

お店は今すぐfacebookページ(店舗紹介ページ)を作るように推奨する。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://bceo.blog22.fc2.com/tb.php/304-6847e6c5

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。