FC2ブログ

北京へ 

少し時間がたってしまったが、
2010/9/2~2/5まで社員旅行として第一弾北京にいてきた。
今回の社員旅行は第二段山口、第三弾香港まである。



これがもう少し遅く今頃であったなら、
尖閣諸島問題で結構物々しい旅行になっていたと思う。



私自身は北京は二度目である。
前回は一昨年、北京オリンピックが始まる前に、
初中国、初北京としてツワーで訪れた。
たった5日間のツアーであったが、
世界遺産ばかり回ってて自由時間がほとんど無く、
古い中国には接することが出来たものの今の中国には触れられなかった。

そのため、ここ近年急激に成長した中国を知るため、
今回は何もオプションをいれず北京という街を見ることとした。

泊まったホテルは北京ホテル、
北京市内の唯一国営の5星ホテルとのことであったが、
建物自身は綺麗に装飾されてるものの、古さを感じ、
部屋は広くはあるものの殺風景な内装であった。
ただ、王府井の大通りの入口に面し立地はよく、
今回、街・人を見る目的の私には好都合であった。



今回は2泊3日、初日は夕方にホテルに着き、
社員と一緒の食事時間、7時まで多少の時間を見て近くを回った。
到着した初日の夕食は、旅行会社がお勧めした中華料理店、
仕事とは異なる社員のはしゃぎ方が楽しい。



こういうみんなで食事をするのも旅行での楽しみの一つではある。







二日目は私一人で、北京の街歩き。
まずはホテルの横の王府井の大通りを歩く、
前回はこの街歩きがほとんど出来なかったのでうれしい。
雰囲気としては上海の南京路歩行街に凄く似てる。
北京はブランド品が多く、ここだけを見ると中国だという気がしない。
しかし、一歩路地の屋台通りに入るとサソリやヒトデの串焼きなど、
これもまた極端だと感じる風景である。
王府井だと北京に出てきた田舎の人も多いとのことなので、
仕方の無い風景だと感じる。



ただ、町の中はベンツ、BMW、アウディなど黒塗りの車がとても多く、
日本でもこんなに高級車は走ってないぞ、というような風景、
ここに中国のそれも北京の富裕層の広がりを実感した。
高級ブランドのひしめく中国のショッピング街に対して、
低価格ファーストファッションのひしめく日本の銀座、
日本より20年くらい遅れてやってきた中国の勢いは止まらない。

しばらく街歩きをした後、地下鉄を乗り継いで、
北京オリンピック公園、鳥巣まで足を伸ばしてみた。
北京は、現在は地下鉄もまあまあである。
近代化されて多少イスは硬いが路線もわかりやすい。
そして何よりも2元(28円)でどこまでも乗れる。
タクシーもそうだが、この交通機関の安さは感心させられる。
日本の地下鉄の初乗り運賃で、タクシーも結構乗れる。
上海もそうだったが、日本に帰ってくると交通費がバカ高く感じる。

鳥巣(国家体育場)近くの地下鉄の駅に降りて地上に上がると、
2~3キロくらい一直線の道が広がるなんとも広い公園だった。
遠くに小さく鳥巣が見える。



しかし、近くによると大きなオリンピックスタジアムだった。
中国はやはり、こういうところは威厳を示すためにスケールがでかい。
そして綺麗なところと裏町の汚いところがマッチしてる。
スタジアムの中に入るには50元必要だった。
日本であれば当たり前の金額であろうが、少し中国慣れした金銭感覚では高く感じる。
でも、せっかく来たのだから入ってみた。

中に入ると日本の国立競技場と比べると意外と小さい気がしたが、
それは屋根が客席にせってきてるからかなのかもしれない。
しばらく探索し鳥巣を後にした。
鳥巣の隣には、北島康介が金メダルを取った建物もあったが、
程ほどに疲れた足でそちらは外部からだけの見学とした。

夕方、ホテル近くに戻り、地下のフードコートで軽く食事をと思ったが、
私はどうもこの独特なにおいが苦手。
思わず身近な石焼ビビンバ(韓国料理)を選んでしまった。

今回の北京で感じたことは、
やはり今の中国は侮れない、昔の感覚で中国に接するととんでもないことになる。
富むものは日本人以上に裕福で、そこには見得もあるかもしれないが勢いがある。
方や日本は過去の栄光にまだなじみ染み込んでいて、周りをあまり見ようとしない。
私は中国をあまり好きではないが、いちアジアの巨大な国家として接していかなくてはいけないと思う。


今、尖閣諸島の問題を改めてみていると、
勢いに乗じてなりふり構わず自己主張をする相手に対して、
よっぽど腰をすえてじゃないとやられっぱなしになるなと感じている。

自分を見据えるためには、相手も知ることが重要だとつくづく感じている。






社員旅行、北京、山口、香港 

9月に入り、毎年の社員旅行の時期が来た。
昨年の上海、台北に続き、
今年は2日から北京、6日から山口、9日から香港。

毎年、9月決算時期にあわてて行く社員旅行だが、
これが出来るのも売り上げがあがっているおかげ。

当社は、あまり海外との取引はないが、
もっと世界を見ることは必要と最近はアジア諸国が多い。

色々な国々に行くと、色々教わることが多い。
日本では当たり前だと思ってたことが、海外では異なってたり。

感覚的には、高杉晋作が上海にって驚いて帰ってきたように
色々と見て驚いてきたいと思っている。


山口県は、昨年、ビジコム柳井スタジアムを作った関係で、
海外には行けないけど、国内なら社員旅行に行きたいというメンバーも多く
社員の中で山口を知らないメンバーも多いため実現した。

秋芳洞、秋吉台、萩、長門
柳井、岩国(地元)、宮島を見てくる。

柳井では、井原市長とのアポイントも取れたため、
表敬訪問もさせていただきます。

私は、北京、山口、香港の3ヶ所ほぼ連続ツアーになり、
来週いっぱいまでかかる予定。

少し体が持つかどうか心配ではあるが・・・・

パーティー終了 

昨夜、当社ビジコムのフロア移転パーティーが終了した。

事前に頂いた花輪やランの鉢植え、植物も30鉢以上、
エレベータホールやショールームに飾らせていただいた。







私にとっても、外部のパーティー会場で開くのではなく、
社内で、それも近くの商店街のお惣菜や食材で開く始めてのパーティなので、
凄く緊張し、始まるまで凄く不安であったが、
結果、100人近くの人々が集まり、盛大に盛り上がった。

まずは来客の皆様方に、感謝を申上げたい。




7時から集まった方々は、
常日頃からお世話になっている仕入先のメーカの方々や、
銀行、証券会社、保険会社、新聞社、広告代理店、
お世話になってる大学の先生方、その学生さん、
ふるさと山口仲間、ビルの管理人さん、
それから、今回非常にお世話になったのが、
地元商店街の皆様方。




いくら広くなったといっても、
100名近くの方々をお招きするので、
ショールーム、セミナールームが狭くないかどうか?
空調はちゃんと効くかどうか?
食事や飲み物は足りてるかどうか?等々、
専用会場を使わない社内のパーティーは考えることが多い。

出来るだけ暖かい食事や冷たい飲み物を用意したかったので、
夕方6時半過ぎに届けていただいたのだが、
6時40分を過ぎると会場のセッティングと来客とが交差し、




少しバタバタしたが、受付とクロークもスムーズに進み、
さほど待たせることなくパーティーを開始した。






















私は来られたお客様との名刺交換やご挨拶で動けず、
私が言うのも変だが、
このときのうちの会社メンバーのチームワークは最高だった。
お客様の接客、ご案内、料理等々テキパキと動きスムーズに展開した。

2時間ばかりのパーティは無事に終わった。
8時過ぎにはお店を閉めた地元の商店街の方々も駆けつけていただいた。
参加された方々が、口々に料理がおいしかったとほめていただき、
作っていただいた商店街の方々も喜んでいただいた。

株式会社ビジコムとして、新しいフロアで出発し、
改めて皆様のおかげで育てていただいたのだと実感した。
また、大きな目標値をもって進んで行きたいと思った次第である。

改めて、皆様に感謝、
そしてがんばったうちの会社のメンバーもありがとう。

フロア移転終了 

昨日の土曜、
株式会社ビジコムは、1階から8階にフロアを移転した。
同じビルなので、住所、電話番号は変わらず、フロアだけが8階になった。



8回のフロアは、1階の約二倍、
拡大されたフロアで明日から、営業を再開することとなる。

昨日の引越しは、1階から8階へのエレベーターでの移転だけであるが、
色々とトラブルに見舞われた。
最大のトラブルは、大手の「引越しのさかい」が、
当初、見積もってきた人数の半分しか人をよこさなかったことである。

200坪クラスのフロアの移転で、引越し屋の人数が半分だったらどうなるか?
私は1階や8階を行ったり来たりしてたので
引越し屋さんの人数などあまり気にしていなかったが、
途中うちの社員から「人数少ないんじゃないの?」って疑問が出て、
引越し屋さんに問い詰めると、当初の人数の半分しか来ていないという。
夕方ごろ応援が来るとのことであったが、そんな問題ではない。

途中からうちの社員全員が総掛かりで荷物を移動し始め、
ダンボールから机、イス、什器まで一気に運んでしまった。
このとき私はうちの社員はなんて頼もしいんだろうと感心した。
「ビジコム引越しセンター」作れそうだね、って

結果、少し遅れ気味ではあったがすべての移動が完了した。

こういうときに、社員の動きを見てるとよくわかる。
普段、人ばかりに頼ってて頼りなかったメンバーがしゃきしゃき動いてたりして、
「へー、意外と頼もしいんだ」と思ったり、
自分のことばかりやってて、あまり手伝おうとしなかったりする奴とか
人間性が出ると感じる。
たまには違う仕事をさせてみるのもいい。

引越しのさかいには、すぐに電話でクレームを上げ、
後日上司と詰めることにした。
電話では謝ってくるけど、誠意が見えない。
口頭で謝って済まそうとしているのが見え見えである。
現場の引越し担当者に文句言っても仕方が無い。
こういうときはきっちり上の人間と話をするのがいい。
会社に呼んでじっくり詰めてやる。

新フロアは、
まだ営業が始まっていないのでなんともいえないが
たぶん快適、
新しい会社の入口の看板ロゴも完成した。
月曜日からの仕事が楽しみだ。





フロア移転、およびフロア移転パーティーのお知らせ 

株式会社ビジコムは、フロア拡張のため
6月19日(土)に今のビルの1階から同じビル8階フロアに移転します。
住所や電話番号は変わりません。

地の利のいい1階から、眺めのいい8階に
これによりフロア面積が、今の100坪ちょっとから
約200坪弱に広がり、かなり大きくなります。

これにより、今まで以上にショールーム、商談スペース、セミナールームも完備されます。

そこで、


弊社ショールーム、セミナールームにて簡単ではありますが、
フロア移転パーティー開催します。

料金は無料、参加は私どもと接点のある方であればどなたでもOKです。
立食パーティーのためショールーム等ではMAX80名程度まで参加が可能ですが、
必ず、事前にご予約のため弊社担当、弦巻(女)、または私宛までメールかお電話ください。

日ごろお世話になっているお店の方々や、弊社と関係のある関係者の方々、
地元の方々、私どもに興味のある方々、学生さん等々、
またこのブログをお読みの方々で、私にお会いしたいという方でもかまいません。
これを機に、弊社ショールームにお越しください。

ご料理やドリンクは、日ごろからお世話になっている会社近くの
地蔵通り商店街や小桜商店街のお店の品々にて食料品やお惣菜やご用意します。
けして派手ではありませんが、地元商店の心のこもった品々をご堪能ください。

なお、申し込みを頂いても、人数に限りがありますので、
お断りする場合もあるかも知れませんが、事前ご承知ください。

このブログをもって日ごろの感謝をこめて、ご招待状とさせていただきます。

引越し記念パーティー
6月24日(木)PM7:00
料金無料、必ず事前ご予約ください。
株式会社ビジコム ショールーム、セミナールーム
文京区関口1-20-10 住友不動産江戸川橋駅前ビル8F
03-5229-5190
info@busicom.co.jp


申し込みは、下記内容をメール等にてお送りください。
複数名の場合は、複数名お書きください。
申し込みアドレスメール:info@busicom.co.jp
--------------------------------------------------
店名、会社名、学校名:
部署、役職名、学部:
お名前:
住所:
ご連絡先電話番号:
メールアドレス:
---------------------------------------------------