FC2ブログ

1996~7年⑧ 

パソコンPOS回想録⑧(1996~7年)

新しい事務所に移って半年ばかり
この年は何かにつけて、変動の多い年であった。

新しいWindowsPOSシステムの開発は、連日連夜開発され続けてた。
開発会議も頻繁に行われ、怒涛のごとく日々が過ぎていった。

それと1996年から、私はある雑誌社に頼まれて、「ストアシステムはPC-POSで構築せよ」というお店のシステムにまつわる連載記事を任されていた。
雑誌自体は季刊誌(3ヶ月に一度)のため、原稿の締め切りには余裕があるのだが、記事のスペースが大きかったため、原稿用紙で約60~70ページのかなりの原稿を仕上げなければならなかった。

しかしこのことは、ある意味では自分の頭の整理につながった。それまで自分が考えていたことを、文章にまとめ、「システムでできること」、「やりたいこと」、「できないこと」、「やってはいけないこと」をまとめ、平行してWindowsPOSの開発に生かしていくことが出来た。

私の連載は全部で4回(1年)であったが、その連載が終わると同時にその雑誌は廃刊した。それは、その雑誌の記事の中に、ある大手スーパーのコンピュータの画面が無断で写真で掲載され出版された。そのため、そのスーパーから多大なクレームが発生し、出版社としても雑誌の廃刊を持って対処せざる終えない事態であった。廃刊は私には連絡がなく、次回の発行のスケジュールがないまま終わった。

1996/01 「ストアシステムはパソコンPOSで構築せよ!!(1) 」
1996/04 「ストアシステムはパソコンPOSで構築せよ!!(2) 」
1996/07 「ストアシステムはパソコンPOSで構築せよ!!(3) 」
1996/10 「ストアシステムはパソコンPOSで構築せよ!!(4) 」

1997年4月、消費税が3%から5%に上げられた。

それまでは実に順調に会社の売上は伸びていた。そして3月までは駆け込みの需要で、システム販売が今までにない順調な売上を達成した。

しかし、この売上は風前の灯火であった。
4月を過ぎるとお店の売上は激減した。消費者は消費税が上がる前に買い溜めし、どこの店も前年同月比20%ダウンに見舞われた。それにPOSシステムが必要なお店は、消費税が上がる前に購入し、需要が一巡した状態であった。

POSは設備投資である。売上の回復が見えない状態では、どのお店も設備投資を延期した。そのため計画されていたお店の導入が、次々と延期になっていった。

つい先月まで好調な売上が続いていた状態なのに、今月に入るとさっぱりシステムは売れなくなっていた。

毎年売上が伸びると見込んで、運用計画を立ててた私は愕然とした。前年比120%伸びると思ってたのが、前年比80%の売上しか達成できなかった。毎年毎年売上を伸ばしていたのに、売上の減少は初めての出来事であった。
会社は昨年規模を拡大したばかりである。そして開発は、DOSとWindowsの二重開発を強いられ苦戦している。

初めて自分が立ててた計画の甘さに気づき、私は大きな軌道修正をかけなければならなかった。

今まで自分たちが売ってきたやり方は正しかったのか?
売上の低迷に耐えられる会社になっているのか?
今までは、システムが売れれば大きな利益が発生するため、「システムが売れる」という前提に会社を運営してきた。そのために「売れなくなったら」という前提条件を、なんら考えられていなかったのである。

私は消費税が値上がりした翌月の5月から、社内改革を断行した。

WindowsPOS 開発⑦ 

パソコンPOS回想録⑦(1996年)

新しいWindowsのパソコンPOSパッケージの作成は、思った以上に難航した。

当時、当社の主力商品は、MS-DOSで動くPOSパッケージであった。
このパッケージは、すでに1600セットも販売されており、すぐに開発を止められるような状況ではなかった。
お客は、今なお使ってるDOSのパッケージの使い勝手の向上を求めていた。
そのため、DOSのパッケージの開発を止めて、Windowsのシステム開発に開発者を集中させることは不可能だった。
そのため、DOSとWindows両方の開発が行われ、開発者も二倍、当然費用も倍増した。

新しい開発の二重負担の中、私はどうせ新しいものを作り直すなら、「今までの概念にないものを作ろう。」そう思って多くのこだわりを新しい開発ソフトに持ち込んだ。


第一は、レンタルすることが出来るソフト作りであった。
そのためには、コストのかからないソフト作る必要がある。
ライセンスのかかるソフトを用いて開発するのは、開発工数の縮小と手間を省くことが出来たが、それによってソフトの販売時にライセンス費用が発生したらソフトを安くお店で使ってもらうことが出来なくなる。

この当時から、ソフトをレンタルする「レントウェア」の発想が芽生えていた。しかし、このレントウェアの発想は、この当時まだ社員には話していなかった。それは、まだソフトをレンタルするため、いくつかの問題を解決しなければいけなかったからだった。

そして第二は、処理スピードの問題であった。
これはDOSからWindowsに移行する際には、大きく悩ます点である。POSのパッケージである限り、お客様を待たせるわけにはいかない。バーコードを当てて瞬時に計算し処理を行わなければならなかった。

いまのPCであれば、CPUのスピードも増して、大きな問題ではない。しかしながら当時のPCのスペックは、Pentiumの100MHzとか 133MHzとかの世界で、メモリーも32Mから64Mそこそこしか搭載されていなかった。メモリーは追加すれば多少のスピードは速くなるであろうが、コストをかけてスペックを上げたのでは、せっかくハード・ソフト共に安い費用でお店に使ってもらおうと思ってる構想が崩れた。
それにハードの費用が高くなってしまうと、完成した時に販売が苦しくなる。

これは、先日述べたように開発言語を変えることによって解決した。

当時流行のBVでは到底スピードを上げることが出来なかった。
私は、新しいPOSパッケージに、商品マスタ・顧客マスタ共々、10万件のデータを登録しても十分なスピードが得られる性能を要求した。

当時のPCで、10万件の商品データのインデックスを作成するのにVBでは1204秒(約6分)かかった。実験段階でこれだけの時間がかかると、実際の使用には、耐えられない時間だった。

そのため、簡便なVBでの開発をあきらめ、開発に3倍の時間と手間がかかるC++言語を使うことにした。

第三は、情報更新リアルタイム化であった。
最近になって、やっとリアルタイムPOSという言葉が騒がれているが、当社のPOSは開発された当初から、売上から在庫、稼動実績、ポイントまでリアルタイム処理であった。
これは、現在でもそうであるが、今までの専用POSといわれるものが、一日の作業をトランザクションとして溜め込んで、最後にストコンで更新させるような処理がほとんどであった。

しかし、私はPOSの流れからシステムを作成した歴史を持たず、パソコンの延長線上にPOSを開発していたから、クライアント・サーバの考え方は当たり前であった。そのため、販売されたデータはその場でデータベースに更新され、常に新しいデータが参照できる設計であった。

第四は操作性であった。
これに関しては、すでにDOSパッケージがあったので、かなりのノウハウが蓄積されており、ゼロから考える必要もなく、それほど問題にはならなかった。逆に新しいパッケージは古いパッケージのバージョンアップという位置づけで考えていたので、操作性を変えるわけにはいかなかった。

画面設計や操作方法、機能などの設計は、できるだけWindowsに移植するような形で継承された。しかしながら、機能が似てるからとはいえ、OSが違うということは、色々な面で暗礁に立たされた。
開発会議は毎週のように開かれ、次から次に難問が発生した。

それでも、バージョンアップという限りは、古いソフトを超える商品を作成しなければならなかった。

数々の難問を解決しながら、やっとの思いで1998年3月に「BCPOS」が完成した。

そして、その「BCPOS」の販売方法はいままでにない「レントウェア」という特異な販売方法であった。
当時の社内でも販売方法で侃々諤々論争をおこした。がしかし、最後は私の全面的な責任において、私の独断と偏見で決定した。

POSセンター引っ越し、そして新しい開発⑥ 

パソコンPOS回想録⑥(1996年)

1996年6月
池袋パソコンPOSセンターは、それまでの池袋サンシャイン60の隣のビルから引っ越して、200mほど離れた池袋職案の近くの、住友不動産池袋ビルに移った。

どちらかというと、サンシャイン60の時のほうがかなり目立ってたので、ショールームだけを見ると引っ越す必要性が無かったのだが、新大塚の本社が手狭になったことと、拠点が2箇所に分かれていてかなり不便だったため、本社とショールームを一つにまとめることにした。それにより株式会社ビジコムと池袋パソコンPOSセンターの事務所の広さは、175坪もの面積になりかなりの広さがあった。

今考えるとこの時期が私のなかで一番バブリーだった時かもしれない。相変わらず会社は毎年120%の成長を遂げ、私も来年はまた120%の成長がなされるものだと確信していた。その自信はどこから来たものなのか、今ではさぐりようもないのだが、私の来期の目標は相当なものであった。

どこから聞いてきたのか?その当時は毎週のようにベンチャーキャピタルが訪れ、その数は30社以上にも上った。

ただその時私は、まだ時期尚早だと言う考え方を持っていた。というのも、まだPOSセンターもオープンして一年足らずしか経ってはいないし、ビジネスの柱として位置づけるには心もとなかった。それにその当時稼ぎ頭であったDOSのPOSパッケージも早期にWindows化しなければいけないと考えていた。

その当時販売してたDOSのPC-POSパッケージソフトは、発売からすでに7年以上も経ち、バグもほとんど無く完成尽くされていた。DOSの性格上簡便で、高速で、POSとうい商品であるため、マウスの必要性も無く、操作性も悪くは無かった。
OSの変化の流れさえなければ、このままずっと販売続けそうな気がしていた。

しかし、すでにWindows95は世の中に販売されていたし、次のWindows98の開発状況もちらちら見えてきてた。

もしその当時、何の疑問も無く、このまま成長が続けられると考えていたならば、今のビジコムはあり得なかったであろう。いつものように将来の不安がよぎり事務所を広げた後、すべての行動が慎重になった。

私は新しいWindowsPOSシステムの開発を急いだ。新しい開発のメンバーを補充し、社内にはWindowsの開発チームと今までのDOSの開発のチームの二つが混在した。

Windowsの開発は、思った以上に難航を極めた。当初VBでの開発を試みたが、わずか半年で挫折した。当初使用を考えていた当初のMSのJetエンジンは、一度データが壊れると二度と使えない代物だった。POSのデータベースとして使用するにはあまりに危険すぎた。
それまで作っていたDOSのパッケージの完成度があまりにも高かったため、設計の段階でスピードが全然追いつかないことが判明した。あまりにWindowsの環境が重たすぎたのである。

そのため、半年たってそれまで作り上げたものすべてを破棄し、ボーランド社のC++Buliderで開発を行うこととした。C++Buliderはその当時まだ出たばかりで、多くの困難が予想されたが、C++言語であるためスピードにおいては満足のいくものであった。

私の頭の中には、当社が生き残るための重要な戦略が、この開発の中に秘められていた。


浅野恭右先生、現れる⑤ 

パソコンPOS回想録⑤(1995~6年)

パソコンPOSセンターを開いてて、悩み事も多かったが、悪いことばかりではなかった。

1995年、突如、財団法人流通コード開発センターの常務理事、浅野恭右氏が同じ法人の関川氏と共にPOSセンターにやってきた。

浅野氏は「バーコードの父」と呼ばれるほど、流通関係者には著名人で、今の流通で使用されるJANバーコードの基礎を作り上げた人である。
そのため、この人がいなければ今の流通のPOS業界は存在し得なかった。
私は数年前から五反田TOCの流通コード開発センターに何度が通ってはいたのだが、なかなか直接じかにゆっくり話す機会などありえなかった。そのためできればいつかゆっくり話してみたいと思っていた先生のような人であった。

その浅野先生が、突如POSセンターを訪ねてきてくれてたのである。2時間ぐらい話をしてて、今となってはどんな話をしていたのかさっぱり覚えていないが、浅野先生曰く、「いやー、こんなセンターやりたかったなー」、「もうちょっと落ち着いたら同じようなことやりたいなー」、と、すごく納得していただいた様子でしきりにPOSセンターを誉めて頂いたのを覚えている。

なんでそれほど浅野先生がPOSセンターをやりたかったのか、羨ましがったのかは、今となっては聞くことも出来ないが、多分自分のやってきたバーコードの集大成として、POSを並べたショールームをやってみたかったのではないかと思う。

私にとってみれば大先輩であり、憧れの人であり、その人と身近に話が出来て、そしてその人に羨ましがられ、誉めていただいた。
このことは、その当時POSセンターをオープンしてよかったなと実感し、今でも一番の印象として残ってる。

その後、浅野先生に会う機会はそれほどは無かったが、何かと気に留めていただいて、息子のようにかわいがって頂いた。何か新しい発見や、気にかかることがあると、すぐにFAXで要件が送られてきて、こんなことをやってみたら、とか意見、感想を求められた。
彼はなんでもFAXを送る達人で、たくさんのFAXが送られてきた。

しかし、翌年1996年5月、一通のFAXが会社に届いた。浅野先生が富士吉田で亡くなったという訃報のFAXだった。58歳だった。私は知り合った機会に先生とやっと色々な話が出来ると思っていたし、またゆっくりと先生と話したいと思っていた矢先の出来事だった。

私とPOSセンター所長の勝俣は、足立の葬儀場に向かった。浅野先生ほどの葬儀なので流通関係の何百人というありとあらゆる人が参列を行った。

その死があまりにも突然で、早すぎたからであろうか?
葬儀場は、あまりにも小さな100人も入ればいいような団地の中の小さな公民館、外には200m以上の弔問の列が出来て、流通、コンピュータメーカ等、様々な蒼々たるメンバーが列をなしていた。その列は、先生の人徳を再度認識させられるものであった。

浅野先生がもっと長く生きていたら、私は何であの時あれほど、私どものようなPOSセンターを羨ましがり、やりたがったのか?答えを聞きたかった。しかしその答えは、いずれ浅野先生の年になればわかるのではないかと思ってる。

浅野先生が羨ましがるようなことを自分たちはやってるんだ。先生は私に大きな自信を与えてくれた。

浅野恭右氏の業績は、「バーコードへの挑戦」というタイトルで日本経済評論社から出版された。

バーコードへの挑戦―浅野恭右とその時代
バーコードへの挑戦―浅野恭右とその時代 (20世紀の群像)バーコードへの挑戦―浅野恭右とその時代 (20世紀の群像)
(1998/10)
橋本 健午

商品詳細を見る

パソコンPOSセンターの挫折、方向転換④ 

パソコンPOS回想録④(1994~6年)

池袋パソコンPOSセンター開設の大きな成果といえば、POSシステムや流通関係に携わるメーカーやベンダーにおいて大きな宣伝効果をもたらしたことであった。

とはいえ、なぜか私の頭の中は日々すっきりしなかった。
時代の流れは、かなりの勢いで移り変わっていた。

この時期は、パソコンにしてもPOSにしても多くの変化をもたらした年でもあった。

NECはレジポートというレジスターを発表した。
レジにFDドライブが付いてて、FDに日報や商品データが溜められるといったものだった。
そしてそのFDをパソコンに持っていって分析をするというものだった。
NECにしてみれば画期的なレジだと思うのだが、私の理想にはほど遠いものだった。

レジにFDが付いてパソコンに持っていくのではなく、パソコン自体をPOSにしたかった。

1995年の11月、マイクロソフトからWindows95が発売された。
まだまだPOSは、専用機かDOSの世界だったので、windowsでPOSを行うということを誰もが反対した。
「あんな不安定なOSでPOSをやるなん・・・」誰もがそう言った。
多くのソフトハウス、ベンダーは従来どうりのDOSや専用機を選んだ。
そのため、池袋パソコンPOSセンターの展示機はDOSとWindowsに二分された。

すでに私の頭の中には、今後はWindowsしかありえないと思っていた。
その当時各メーカのPOSシステムのデータには互換性がなかった。
そのPOSのコマンドを知らないとデータを抜くことも出来ないし、抜けたとしても今のようにJISコードなどに統一された漢字コードではなかった。

互換性のないデータでお店の分析なんか出来ない。
データを自由に取り回しができる、互換性のあるPOSでないと、今後の流通業は生き残ることが出来ない。
そのため、パソコンPOSでPOSを組むことが最良の方法だと思っていた。

しかしWindowsの完成されたPOSパッケージはほとんど見当たらず、お客様に勧めるのに苦戦した。
すべての商談をWindowsのパッケージで進めることは到底困難だった。そのため多くのカスタマイズが発生した。
パッケージにカスタマイズをすることは私の本意とは異なっていた。

薦められるパッケージが少ない中、カスタマイズは不可欠で、無理して導入したお客様に少しずつ歪が生まれていた。

あるメーカのPOSパッケージがいいと思い、お客様に販売したのだが、そのメーカのサポートが余りにひどく、販売店としての責任までに発展していった。

お客様曰く「パソコンPOSセンターで薦めたから買ったんだ。」まったくその通りであった。

また、とても営業熱心で、サポートがよい会社なので薦めたが、その会社のパッケージはあまりに未完成でお客様の到底満足出来るものではないこともあった。

POSという商品が、そのソフトの出来・不出来だけでなく、その売った後のサポートまで求められる商品なんだ。
わかっていたことだけど、販売店の立場ではどうしようもなかった。
だからといって、メーカ、ソフトハウスにそこまで認識させた上で販売しようとすると、パッケージとは呼べないほど費用が莫大に膨らんでいった。

1995年、とうとうお客様とソフトベンダーの間で裁判沙汰になってしまった。
開発当初、できる・出来ないといった問題、そして言った・言わないといった問題でお客様とソフトベンダーの間で大きな食い違いが起きて、お客様がリースの支払いを凍結してしまったのである
当然、当社もシステムの販売当事者として巻き込まれていった。
何度も東京地裁に通い、システムの鑑定書の作成や、弁論書、陳述書、反訴状の作成、結果として、双方の和解を裁判所から勧められ、ハード・ソフト・追加開発の半分の費用を当社で負担し、泣くことになった。

この経験は私のPOSシステムの開発・販売に大きな影響を残した。
そして今後の商品開発、営業姿勢を大きく変えていくこととなった。

このことは、結果として幸福だった。

その結果私は、メーカの言い分だけで商品を信用し売ることは非常にリスクを負うことだと感じ取った。
そのため、自社で責任取れるものは、自社の商品パッケージであると考えるようになっていった。

かたちの無いソフトを扱うことに、消極的になった私は、徐々にソフトからハードに注力を注ぐとともに、自社パッケージの早急な開発を急ぐことになった。

その結果として、現在当社で機軸商品となっている「BCPOS」パッケージが生まれることになる。


  一店舗からの経営サポートセミナー開催

「インターネット時代に即した勝ち組店舗のシステム構築」

講師: 株式会社ビジコム 代表取締役 中馬 浩

2004年9月8日(水) 13:00~15:00
2004年9月9日(木) 13:00~15:00
2004年9月10日(金)13:00~15:00

エプソン販売株式会社
西新宿三井ビル24階セミナールーム

セミナー内容:
・なぜPC-POSなのか?
・ローコストで大規模チェーン店クラスのシステム構築
・「CRM+」とは何か? ~新しい顧客開拓の手法~